スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の分かれ道※洞爺丸はなぜ沈んだか (1980年)

2014.09.13 (Sat)

瞼に残っているのは転覆した「洞爺丸」の姿だった。

朝日新聞の写真記事だったと思う。

あれから半世紀が過ぎる。

本著には二人の運命が克明に描かれている。

当日の青函船下り「洞爺丸」の船長と上り「羊蹄丸」の船長である。

運命を分けたのは何だったのか…

余談だがこのドキュメントの著者、上前淳一郎は元朝日新聞記者。

しかし、現在の「朝日新聞」の記事は確実に質が低下している。

どこか文章になっていない記事も時々目に付くようになってきた。

記者の質の低下。

天下の朝日も地に堕ちた感がしてならない。

(慰安婦問題や吉田調書問題も結局、社の体質の堕落かもしれない)




洞爺丸はなぜ沈んだか (1980年)洞爺丸はなぜ沈んだか (1980年)
(1980/11)
上前 淳一郎

商品詳細を見る


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。