スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新開地のゴッホ(1)

2014.09.30 (Tue)

昭和の匂いが漂うレトロな小説。

ひとりの酔いどれ画家が新開地の片隅でせっせと絵筆を握ります。

連載を本日から開始します。



(第一回)


 「ベルサイユのばら」が爆発的にヒットしつつあった。
 そんな頃である。ひとりの乞食画家が神戸・新開地の奥まった路地にひっそりと軒を連ねたぼろアパートの四畳半一間の部屋で相変わらず焼酎片手にせっせと粗末なダンボールの片くれに執拗な色彩の絵筆を走らせていた。描く絵は決まってアジ三匹だった。所々に積み重ねられた拾い物のがらくたの陰から小さなゴキブリが荒んだ畳の上を這い擦り廻っていたが本人の眼は一心に切り取られたダンボールの面に注がれる。
 これがアントワネットの心じゃけん。このうねりがアントワネットの叫びじゃけん…乞食画家の口元がしきりにぼそぼそと動いている。黒色のチューブをひねり出しながら黙々と筆を運び、四十センチ四方のダンボール紙片はみるみる仄かな漆黒の色合いのなかに次第にそれはぼんやりと輝くように息づいた世界が描かれていく。
 昔彼も宝塚歌劇とは関係があった。舞台の背景画を描いていた頃である。諍いが多かった。色や線について彼の描こうとしている眼の創意と会社側の商業的な美感に隔たりがあった。当時、洋画界で名を馳せていた須磨の松下画塾で絵を描くことに専念したのち師匠である松下の紹介で宝塚の仕事に就いたもののやはり人に使われて絵を描くのは嫌だった。まだ若かったせいもあったかもしれない。しかし生来、審美の追求には異常なほど強烈な個性を持ち合わせていただけに演出側の意向と折り合いがつかない場面もあった。彼にとって舞台の背景画は何かが物足りなかった。単に言われるがままの商業美術に打ち込む自分の姿に常にどこか虚像を見るようでそれは時々我慢できなかった。松下もそんな彼をよくもてあました。三十年以上も前のことだった。


スポンサーサイト

盗む

2014.09.28 (Sun)
心理をこれほどまでに展開させた

名画があったろうか。

背景は無論、咀嚼されない。

罪は罪。

でも、子役の存在が、

本当に作者が言いたかったことを、

伝えていると思います。



昔の作品には古今東西、「人間味」を、

深く追求した作品がたくさんあります。










Category: 未分類 | Comment(0)

逸材

2014.09.27 (Sat)
サイクルと言うものがある。

「百年に一人」現れるか、現れないか。

今場所の大相撲。

新入幕、モンゴルの怪物・逸ノ城。

インタビューで何を聞かれても、

常に「がんばります」。

決して驕り、高ぶらない。



ふと、

飯島虚心著・「葛飾北斎伝」を思い浮かべる。




大物の器を感じさせる。







Category: 未分類 | Comment(0)

騙(だま)された

2014.09.26 (Fri)
朝日新聞の連載。

百年ぶりに「復活掲載」と題し、

夏目漱石の「こころ」が掲載されたが、

昨日で完結。

ところが、当時の連載そのままの再現ではなかった。

岩波文庫版だった。

不満は残ったが、とりあえず百十回分切り取っておく。

「再現」という表現、朝日さんは読者がどんな期待を描いていたと、

お思いですか?



当時の文体は例えば、こうでしょ。

岩波文庫「方丈記」。









Category: 未分類 | Comment(0)

博打と言ってしまえば

2014.09.25 (Thu)
昔は「株」で儲けた、と言うのが普通の言い方。

しかし、現代は「FX」で儲ける。

グローバル化した。

極端に言えば一種の「ばくち」に違いないが、

そんな言い方をすると嘲笑される。



半世紀以上も前、一人の男がこれに「賭けた」。

「株」の「牛ちゃん」と呼ばれた。

「型」から入る常道を無視し、「型破り」に徹した。

頂上を見極めるために彼にとっては、「型」は必要なかった。

獅子文六著・「大番」



さて、「型」とは何か…






Category: 未分類 | Comment(0)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。